中学バレーボール上達法

中学バレーボール上達法

中学のバレーボール上達法ですが、中学生は成長期の
大切な発育時期なので、トレーニングの内容には慎重を
期す必要があります。

 

この年齢では、あまり負荷の重たいトレーニングをしては
いけません。

 

この時期の無理の仕方によっては、高校や大人になってから
体に大きく影響してきます。

 

中学生の頃にやるバレーボールでは、技術的なことより、しっかりと基本を身につけておく
ことが大切で、そのことが何より、上達へと繋がります。

 

中学の時期は、これから成長期に入ったり、あるいは始まっている子もいるので、
そういった観点から、とにかく体力作りが重要になります。

 

中学生の頃は、持久力などを育成するのに適している時期でもあります。

 

そのため、こうした時期に長距離を走らせて、体力をつけさせたり、ダッシュなどの瞬発力を
つけるのが有効です。

 

中学時代は、自分の体一つでできるトレーニングで十分です。

 

何か道具を使いたのなら、バレーボール上達のために、縄跳びが良いでしょう。

 

もちろん、これもやりすぎはいけませんが、砂浜やグラウンドなどで、縄跳び1000回や
二重跳び50回くらいが効果的です。

 

バレーボールが最短で上達する方法をあなたは知っていますか?

 

東京バレーボールアカデミー監修

 

『少年から社会人、ママさん』まで、誰が実践しても
総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容を公開!

 

現在、伸び悩んでいる人また、性別や年齢、体力、センス、
経験に関係無く、誰にでも効果が出る練習法です。

 

実践すれば、飛躍的に結果がでるのが人気の秘密!

 

限られた時間しかとれない、社会人やママさんの方もバレーボールの効果的な練習法を
とりくむことができ、最短で上達することが可能なマニュアルです。

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法

 

チームのために何としても勝ちたい!試合で勝てる方法があります!

 

斎藤利 東京バレーボールアカデミー代表
一般社団バレーボール協会検定代表理事

 

全国大会含む「東京バレーボールアカデミー」のノウハウ
を凝縮し、今までおよそ1,200人の愛好家を指導した実績!

 

なかなか動きに終始できない方の為にDVDに収録。

 

ゲームの中での“動き”に悩む選手・指導者のために「勝てる」
攻撃パターンとスパイク&サーブを全て収録。

 

“1球目のミスが多い”“試合中の動きがわからない”人でも上達することができます。

 

アタッカーの三大欲として「ワンランク上の練習」から「圧倒的に試合に勝つ為の戦術」を
マスターする事ができます。

 

「試合で勝てる」バレーボール戦術