勝つためのバレーボール戦術

勝つためのバレーボール戦術

勝つためのバレーボール戦術に、一人時間差攻撃があります。

 

これは一般的には、スパイカーがAクイックのタイミングで助走に
入り、そのまま踏み切らずに、センターセミのトスを垂直ジャンプで
踏み切って打つ戦術です。

 

この戦術は、いかに相手をだますか、フェイクをかけるかということ
に尽きます。

 

要するに、相手ブロッカーに、コイツはAクイックに違いないと思わせることができるかが、
勝敗の別れ目になります。

 

この戦術では、演技がポイントになります。

 

そのためには、普段以上に大きな声でAクイックを呼んだり、踏み切りのステップやフォームを
大げさにするなどが、功を奏します。

 

この方法で、100回に1回でも相手が引っ掛かれば儲けものなのです。

 

ただ、この戦術は、助走なしの垂直ジャンプである程度の打点ができる選手でないと、
まともにスパイクは打てません。

 

そして、この攻撃パターンの戦術を相手に読まれてこちらが決めきれないと、逆に相手に
流れを持っていかれてしまう危険性があります。

 

つまり、使いどころが重要な戦術で、セッターの経験とスパイカーの実力がものを言う
攻撃パターンと言えます。

 

バレーボールが最短で上達する方法をあなたは知っていますか?

 

東京バレーボールアカデミー監修

 

『少年から社会人、ママさん』まで、誰が実践しても
総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容を公開!

 

現在、伸び悩んでいる人また、性別や年齢、体力、センス、
経験に関係無く、誰にでも効果が出る練習法です。

 

実践すれば、飛躍的に結果がでるのが人気の秘密!

 

限られた時間しかとれない、社会人やママさんの方もバレーボールの効果的な練習法を
とりくむことができ、最短で上達することが可能なマニュアルです。

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法

 

チームのために何としても勝ちたい!試合で勝てる方法があります!

 

斎藤利 東京バレーボールアカデミー代表
一般社団バレーボール協会検定代表理事

 

全国大会含む「東京バレーボールアカデミー」のノウハウ
を凝縮し、今までおよそ1,200人の愛好家を指導した実績!

 

なかなか動きに終始できない方の為にDVDに収録。

 

ゲームの中での“動き”に悩む選手・指導者のために「勝てる」
攻撃パターンとスパイク&サーブを全て収録。

 

“1球目のミスが多い”“試合中の動きがわからない”人でも上達することができます。

 

アタッカーの三大欲として「ワンランク上の練習」から「圧倒的に試合に勝つ為の戦術」を
マスターする事ができます。

 

「試合で勝てる」バレーボール戦術